大事な試合の時に緊張を和らげる方法・マインド

ボクサー 自己啓発
スポンサーリンク

僕はプロキックボクサーとして6年間活動してきました。この記事ではキックボクサー現役時代に体験した「緊張」について書いています。

大勢の前で戦う訳だから下手な試合は出来ないし、色々考えて緊張しちゃいますよね…。しかし、緊張で身体がガチガチになってたら自分の思うようなパフォーマンスはできません。そこで僕がやってた緊張を和らげる方法を紹介しようと思います。

キックボクシングだけに限らず他のスポーツなどの場面でも使えると思うので最後まで読んでください。

試合前の相手は自分と同レベ

ボクサー

軽量の時などに相手の事をみたら「なんか自分より強そう」、「ガタイが自分よりいい」、「凄い気合い入ってて怖い」など、やる前から弱気になってしまうかもしれません。しかし試合の前から弱気になってたら試合の時にも弱気になってしまいます。
実際、試合をしてみないと相手の実力なんてわかりません。

もしかしたら相手も自分に対して同じ事を思ってるかもしれません。なのでこの時点ではまだ相手とは対等です。

どうしても気が弱くなってしまう場合は次の事をやってみましょう。

緊張は積み上げた努力で吹き飛ばせ

あなたは、その試合に向けてかなりハードなトレーニングをしてきたと思います。
その時のトレーニングの事を思い出してみて下さい。

朝の走り込み、ミット打ち、サンドバッグ打ち、スパーリングなどなど…

かなり辛い思いをしてきましたよね?

減量だって頑張ってきました。

「これだけ頑張ったんだから絶対大丈夫!!」
と自分に言いましょう。

こうして自分のやってきた事に自信が持てるようになります。そうすると緊張も和らぎます。

僕がやってた走り込みによるスタミナ強化9選+2【元プロキックボクサーの経験】もよかったらご覧下さい。

やる事はやった!自身を持て

パンチ1

上でも説明したように今までしてきた自分のトレーニングに自身を持ちましょう。
トレーニングは嘘をつきません。トレーニングをしたらその分だけ自分の力になります。

そしてウォーミングアップの時などにミットを持ってもらったりすると思います。その時に出来るだけコーチなどに褒めてもらいましょう。

褒めて貰うとやはり嬉しいもので、自信にもなり本番での動きが良くなります。

また、スタミナに自身が持てない場合はサプリメントなどで補う事が出来ます。

こちらの記事をご覧下さい。強くなる為のサプリメント!種類・飲み方【元プロキックボクサーの経験】

緊張を吐き出す

自分の出番が近づくとどんどん緊張は増していきます。自分の出番直前が1番緊張のピークでしょう。

そんな時は、自分の中にある「緊張」を吐き出すように声を出すと緊張が和らぎます。「ヤッーーー!!!」でも「行くぞーー!!!」でも何でもいいので吐き出してみて下さい。そして「今までしっかりトレーニングをしてきたから絶対勝てる」と心の中でもいいので自分に言います。

声を出すだけでも緊張が出て行くかの様に落ち着きます。

自分の出番が来たらあとは楽しむだけです。練習でやってきた事が自然とできるでしょう。

まとめ

fighting-men

緊張する事はしょうがない事です。

しかし、体がガチガチになってしまったら、いいパフォーマンスをできないばかりか、余計に体力を消耗するし冷静になる事は出来ません。

なので今回紹介した方法を試してみて下さい。
完全に「緊張」を取る事が出来なくても「和らげる」事は出来ると思います。

逆に緊張がゼロよりも程よく緊張していた方が普段よりもいいパフォーマンスができるようになります。緊張は悪いことばかりではありません。

「緊張」と上手く付き合っていいパフォーマンスができるように願っています。

良かったら他の記事もご覧下さい。

キックボクシングのトレーニング方法・考え方【元プロキックボクサーの経験】

蹴りの使い分け・強い蹴りの打ち方【元プロキックボクサーの教え】

パンチ力を上げる筋トレ・練習方法[元プロキックボクサーによる経験]

コメント