【C#】visual studio 2019で環境構築する方法

Procedure1 プログラミング
スポンサーリンク

僕がC#の勉強をする時に「visual studio2019」を使って勉強しました。

その時の環境構築の方法をシェアしようと思い記事を書きました。

少しでも役に立てれば幸いです。

visual studio2019とは

Visual Studio 統合開発環境 は、コードの編集、デバッグ、ビルドを行ってから、アプリを発行するために使用できるクリエイティブなランチパッドです。 統合開発環境 (IDE) は、ソフトウェア開発の多くの側面で使用できる機能を豊富に備えたプログラムです。大部分の IDE が備える標準的なエディターおよびデバッガーに加えて、Visual Studio ではコンパイラ、コード補完ツール、グラフィック デザイナーなど、ソフトウェア開発プロセスを容易にする多くの機能を用意しています。

引用:こちら

簡単に言うとプログラムを書くのに色々便利な機能が詰まったエディタの事です。

また、C#の他にも、C++ や Pythonなど他にも使える言語があるようです。

環境構築

それでは早速、環境構築の方法を紹介します。

まずはインストールが必要です。インストールは下記からどうぞ。

>>visual studio のインストール

1.サイトに行ったら、「visual studio のダウンロード」を選択します

Procedure1

2.「Community 」を選択しダウンロードします

Procedure4

3.ダウンロードができたら「起動」を選択

Procedure6

4.サインインを求められるが僕は「後で行う」を選択しました。

Procedure2

5.「visual studioの開始」を選択

Procedure8

6.「新しいプロジェクトの作成」を選択

Procedure3

7.上の方に「言語」があるので「C#」にして「次へ」を選択

Procedure5

8.「プロジェクト名」を任意で変化して、「場所」はいじらなくても大丈夫です。確認ができたら「作成」を選択

Procedure7

環境構築の手順は以上です。



後はコードを書いていくだけです。

Let’s enjoy!!

もし他の言語にも興味ある方は「Java」をお勧めします。

Java言語は企業で使われている言語第1位と言っていいほど使われていて、Javaができるとかなり有利になると思います。

なのでもし興味ある方はこちらもご覧下さい。

コメント